精力剤の歴史とは?

精力剤の歴史は古く、漢方では5世紀の頃には使われていて、
日本に伝えられたのは6世紀になってからです。

最古の精力剤は、古代エジプトでニンニクを使用していたことが分かっています。
この頃は、快楽を目的に使用するのではなく、子孫繁栄のために使われていました。
使うのも高貴な身分の人に限られていました。

南米ではマカが使用され、寒い地域ではオットセイなどが使われ、
地域に根差した栄養の豊富なものが精力剤として活躍していました。

日本では、漢方を始めて、朝鮮人参やすっぽんなどが重宝されていました。

トナカイの角や、マムシなども使われていましたが、
一般的になったのは、江戸時代に入って製造されるようになってからです。

今のように科学的に作られた薬ではなく、
経験によって、にんにくや朝鮮人参を混ぜたものを作っていました。

現在では、サプリメントや薬など様々な形態で精力剤が販売されていますが、
効果的な成分を組み合わせて配合するなどの工夫があります。

【結論】本当に効果のある国内産の精力剤はこちら!

日本製で安心安全!本当に効く精力剤はフィフティーワン(FIFTY ONE)
本当に効果が期待できる国産の精力剤はズバリ!

フィフティーワン(FIFTY ONE)

という精力剤です。

フィフティーワンのポイントをいくつか上げると

 配合成分の質・量ともに圧倒的
 配合レシピの完成度が圧倒的
 国内薬品メーカー製造で安心安全
 栄養機能食品なので信頼性が抜群
 男力を根っこからじっくり鍛える

といった感じです。

しかも今ならWEB限定サイトを利用すると
33%OFFで購入できるので
この機会に一度お試しになってみてはいかがでしょう。

CHECK !>>フィフティーワンのキャンペーンページはこちらから


  • このエントリーをはてなブックマークに追加